美容を身近に感じることができるようになる

大学生が夏に施術する

注射器

目を大きくする施術が人気です

仙台は学都と昔からいわれていて、東北各県はもちろん関東に住む人も、大学などで学ぶために来る地域となっています。また東北最大の都市といわれるだけあって、多くの衣服メーカーが進出しているので、おしゃれな人も多いのが現状です。綺麗になる方法はさまざまありますが、その方法の一つとして美容整形があり、目を大きくできると人気なのが埋没法による二重。埋没法で目を大きくする際に気にする必要があるのが、ダウンタイムで、埋没法による二重の場合、3日〜1週間程度になります。ダウンタイムとは、施術を行う前の生活に戻るまでの期間のことで、安静に過ごした方がいいとされる期間です。一般的には大学生の夏休みは8月〜9月中旬になるので、術後のことを考えると、施術するのにいい時期だともいえます。仙台の美容整形クリニックには腕のいい先生が多いので、初めて施術する人はもちろん、2回目3回目の方でも納得が行く仕上りになるでしょう。なお、仙台では学生割引制度を用意しているクリニックがあり、学生のときに施術した方がお得な場合が結構あります。

埋没法は、特殊な針と糸を使い、まぶたのうら側から二重にしたいところに医療用糸をかけてひだをつくって糸でとめるというものです。メリットとしてはダウンタイムが短いことがあげられ、切開法の場合、術後最低1週間は安静にしておいた方がいいといわれています。夏休みは、大学は休みでも、学生はバイトをしていることがあり1週間以上休むのは難しい場合もあるかもしれません。一度施術をしたとして、元に戻したりやり直ししたりすることが可能なので、そういった意味で気軽にできるといえるでしょう。医療用糸を抜糸する際に糸が確認できない場合もあり、そうなると少し難しくなりますが、前述したとおり、仙台の美容整形クリニックには腕のいい先生が集まっています。比較的にですが、術後の生活をあまりかえる必要がなく、生活が制限されにくいのでストレスを感じにくいのではないでしょうか。目安になりますが、たとえば目の付近の洗顔は術後24時間後から、目元の化粧は術後48時間後から行うことができ、シャワーは制限されないとされています。術後の注意点は先生により考え方が違うので直接確認した方がよいですが、仙台の美容整形クリニックは患者のおもいのところが多いので親切丁寧に対応してくれるでしょう。

Copyright© 2019 美容を身近に感じることができるようになる All Rights Reserved.